2003年出産日記 美々杏編 「血統書の名前が決まったよ。」・・・(たぶん)

 

 「アタチ」の後姿です。生後3週間にして既にモコモコ!


9月9日 生後24日目 (火)  体重340g 
生後3週間が過ぎ、あと約1週間程で生後1ヶ月になります。いろいろと紆余曲折でしたが、仮称「アタチ」は、すっかり子パピらしくなりました。美々杏の母乳はもう出ませんのでミルクのみですが、ヨチヨチと歩き「アンアン」と吠える?こともあります。毛吹きは生後3週間の女の子とは思えないほどで、同じ月齢の時のあちゃ丸よりモコモコしています。既に耳毛もモニョモニョと生え始めています。アタチは私の他にも何人かの方が感じたようなのですが、何故か生まれた時から耳が開いていてずっと立ったままなのです。それにかなり早い段階から聴こえていたようで、声を出したり、咳払いをすると寝ていても敏感に反応して起きあがり目も開いていないのにあちこち見渡していましたので、とても不思議な印象を受けました。きっと耳はそのうちに倒れて、改めて立ち上がるのではないかと思うのですが、このまま立ち続けて成長すると小さい耳になってしまうのではと些か心配しています。何故か(アタチの場合この「何故か」がとても多いのです・・・。)身体が小さいのに対して毛は日々どんどん伸び、大人びた顔つきと、立ったままの耳に耳毛がモニョモニョといった感じがなんとなくアンバランスです。一体どんな子になるのでしょうか? でも将来がとても楽しみです。

生後24日目やっぱり耳が立っている!

イナイイナイバアの肉球(少しだけ色付き)

(どなたか生まれた時から耳が立ち続けているパピヨンをご存知でしたら情報下さい)


9月11日 生後26日目 (木) 体重350g
あと6日で生後1ヶ月を迎えます。体重は生まれたときの5倍になりました。(でもやっぱり小さいです。)そろそろ血統書の申請をしなくてはなりません。
血統書の名前として「GUARDIAN LIONS JP B・M・CELEBRATION」
(ビ−・エム・セレブレイション=美々杏とマックス君の祝福された子)
が最有力候補(たぶん決まり)です。B・M・セレブにしようと考えたこともありましたが、パパの大反対にあい、(日本人の言うセレブは本来の意味とは違い、嫌味な感じで嫌いだそうです・・・・。) 却下されてしまいました。生まれた当初は美々杏とマックス君の子だから、B・M・Wにしようと思っていましたが、何故かこれを言うと多くの人が黙り込むので自主的に取り下げました・・・(何でだろう???)。
家では初めての自家繁殖の子は全てAで始まる名前を付け、仮称アタチは犬舎として2回目の出産で生まれた子なので、血統書の名前は「B」で始まるものを考えました。次の利プリの子は「C」から始まる予定ですが、ウィンズの子「D」まで考えるとなるとたくさんの数の名前を考えなくてはなりません。でも血統書の名前を考えるのは楽しみの一つです。

9月12日 生後27日目(金) 体重360g
アタチは生まれた頃は気が強そうな感じだったのですが、途中からは一人っ子のせいか思ったよりのんびりしていて、毎日食っちゃ寝の子だと思っていましたが、このところ、やはりこの子はかなり気が強いのではないかと思い始めました。気に入らなかったり不快だったり、お腹がすくと最近では結構ブ―ブ―言います・・・。途中のんびりしているように見えたのは、気管支炎になったりして調子が悪かったためのようです・・・。起きている時にはほとんどの子パピがそうであるように、ちっともじっとしていないので、抱っこしないとなかなか写真が撮れません。時々起きているのに大人しくしていて目がパッチリと開いている時があるので、慌ててカメラを撮りに行くと次の瞬間にはもう寝ています(笑い)。 

お腹が一杯になるとすぐ寝てしまいます。


9月13日 生後28日目 (土)快晴(残暑)体重370g
まだ歯は生えそうでいて顔を出してはいませんが、ムニャムニャと口を動かしなにやら食べられそうな感じなので、今日から離乳食を食べさせてみることにしました。病院で購入した高カロリ―離乳食をドロドロの状態にして、口へ運ぶと上手く食べて飲み込みます。ミルクもペロペロと舐められるようになりました。生まれた時から比べると300gも体重が増え、とても大きくなった感じがします。

ミルクを舐めて口の周りがミルクだらけ! 何だか悪そうな顔・・・。

9月14日 生後29日目(丸4週間)(日)晴れのち曇り 体重390g
「アタチ」は1日で食器から離乳食が食べられるようになりました。すごい進歩です。
でも、食べるためなら何でもしそうな感じの子です・・・。お顔は目が鋭いので(強い光を放っています!)、なんとなく怒り顔ですが、いつでもどこでも尻尾をフリフリして、意外と社交的で人懐っこいです。写真を撮るときは何故か怒った顔になりますが、お腹一杯だと愛想がとても良いです。(とにかく可愛い!・・・親ばかですみません・・。)
つい数ヶ月前までは私に任せておくと家はパピヨン屋敷になってしまうと文句タラタラだったパパが最近アタチを家に置くと言い出しました。生後十数日で気管支炎になり、徹夜で看病したことが、以前助けることの出来なかったコ―ギ―の女の子と重なって、この先もずっと見守っていきたいと思い始めたようです。でも、パピヨンは独占欲の強い子も多いので、その子の性格によっては1頭で飼われて飼い主さんの愛情を独占できた方がその子にとって幸せである場合もありますので、家に残るかどうかは2〜3ヶ月まで様子を見てから決めることにしました。

さすが美々杏の子、なんとなくいつも「怒り顔」です・・・。

  

そんなこと言わないであたちも家においてよね・・プンプン!!


生後1ヶ月以降は2003年出産日記 本編日記帳にて時々アップいたします。