オーナーハンドラー体験記

シェレシャンのオナハンレポ! IN 和歌山2DAYSなのだ!

2005年10月29〜30日 その@

 
みなしゃんこんにちは!・・・なのら〜! シェレシャン(*注 本当はセレだけどなまっている・・・)はドッグショーの遠征のために生まれて初めて和歌山県に行ったのだ! ママも初めてだと言っていた・・・。この日、パパは午前中お仕事で午後1時までに帰ってくるはずだったのに、1時10分になっても帰ってこなかったのら〜・・・。ママはパパの遅刻はもう慣れているので一人でタクシー呼んでパパを置き去りにして行こうとしてタクシーが発車したら、パパが必死で後ろからタクシーを追いかけて来たのだ・・・。だから着替えも持たずスーツのまま・・・なのら〜ぎゃはは!

シェレシャンは2回目の新幹線に乗ったのだ! 新幹線はずっとパパやママと一緒にいられるので好きなのだ!
 

シェレシャンはこうして座席の前のテーブルを出してママの目の前に置いてもらうんだじょ〜。この技は一番前の席を取ると出来るのだ!
 

東京を午後2時くらいの新幹線で出て、新大阪に着いたのは午後5時くらいだった・・・。

 
レンタカーを借りて大阪の街を一路和歌山に向けて出発したのだ!

シェレシャンは初めて行ったけど大阪は大都会だったのだ!渋滞もあったじょ〜。

 
今回の遠征は急に決まったので良いホテルが取れなかったのだ・・・。写真だと普通に写っているけどベッドのスプリングもボロボロでベットマットが斜めに傾いていてママは斜めに寝ていた・・・。ソファの(一応あったのだ・・・)スプリングもボロボロでバネが布地を破って外へ飛び出していたのだ・・・。でも最初は寝袋持って行って野宿しようかと言っていたくらいなので屋根があるだけありがたいと言っていた・・・。

 

10月29日の朝なのだ!

この日は朝から雨が降っていて審査が始まる頃には台風なみの大雨と大風・・・。ショーは一時間開始時間を遅らせたのらけど、それでも雨は止まなかったのだ・・・。テントの中まで雨風が入ってきてドライした子もびしょ濡れになっていたのだ・・・。
 

写真はベビークラスから出たアイラちゃん。小夜子しぇんしぇいは自分は濡れてもアイラちゃんが濡れないようにずっとスカートの中に入れていたのだ・・・。そういうところは本当に優しい人なのだ!
 

今日のクラブ展はパピヨン55頭の単独で、ジュニタンは自家繁殖ジュニアクラスから出たのだ! 久しぶりに会ったジュニタンは少し大人っぽくなっていたのだ。
 

雨を嫌がって歩かない子もいたけどジュニタンは雨をものともせずに立派に歩いたのだ!

 

ジュニタン、この歩きで強豪揃いの自家繁殖ジュニアクラス5頭中1席になったんだじょ〜! 凄いじょジュニタン!
 

ジュニタン、このスティと可愛いお顔でなんとウィナーズドッグに選ばれたのだ! 凄いじょ〜ジュニタン!
 

いよいよシェレシャンの番なのだ!
 

シェレシャン、この日は最初テールが上がって歩けたんだじょ〜! 恐怖心の克服ってやつなのだ!
 

でも途中から雨で足が気持ち悪いし、お腹もびしょびしょでだんだんテールが下がっちゃったんだじょ・・・。
 

雨でテントから出ると一歩も歩かない子もいたのだ・・・。シェレシャンはこのスティとお顔をジャッジの先生にすご〜く気に入られて1席をいただいたのだ! ジャッジの先生はシェレシャンのこと、とても気に入ってくれてテールがちゃんと上がったらウィナーズビッチあげようと思った・・・なんてママと小夜子しぇんしぇにお話してくれたのだ!
 

ヴィヴィアン・リーちゃんの番なのだ!チャンピオンクラスは棄権したワン子が2頭もいたのだ・・・。 ヴィヴィアン・リーちゃんはBOBを頂いたのだ!
 

お昼休みなのだ。小夜子しぇんしぇいの手作りお弁当を頂いたのだ! お料理まで上手なのだ。
 

スヌードヴィヴィアンちゃん。あたしの次に可愛いじょ〜・・・???・・・ぎゃはは!