わん子のショー修行日記

 

頑張るね! (2002年11月3日、ショー会場でのムーの様子)

この写真はhikkoさんから頂きました。ありがとうございます。
hikkoさんとソレイユちゃんのHPはこちらです。



2002年10月17日
あちゃ丸とム―はショ―ドッグとしての修業のため、二人だけの空の旅で、九州のクリエイトランドさんに行きました。夕方、クリエイトランドの中川社長さんからメ―ルを頂き、2頭とも完璧な運動不足、特にあちゃ丸は運動不足で、背中が丸くなっているので、最低1ヶ月は運動を掛けて背中を伸ばさないと、CH完成は難しいとのご指摘をいただきました。でも2頭とも性格はとても良いので、直ぐにマナ―は入ると言って頂き一安心です。

10月18日
中川社長さんからメ―ルを頂き、ム―は11月から慣らしのために出陳するそうです。あちゃ丸は最低1ヶ月間運動をかけ、体力作りからやり直しで、12月からのジュニアデビュ―になることとなりました。あちゃ丸はベビ―の時にショ―に出ていましたが、ム―は全くの初めてです。マナ―も全く入っていない、大人しくて内気なわん子なので、本当にショ―なんかに出られるのか心配です。特に大きな男の人が苦手なム―に果たして触診が受けられるものなのか・・・・。

11月4日
今日はママの誕生日です。ム―は昨日3日、初めてのショ―デビュ―を果たしました。本日第2回目のショ―チャレンジで、ジュニアクラスのム―がWBを頂いきました。

写真を提供して下さったのはクリエイトランドさんです。 
クリエイトランドさんのHPはこちらです。

 
11月20日
中川社長さんからメ―ルを頂きました。11月の九州インタ―にはあちゃ丸も試しに出陳され、元気一杯でかっとんで歩いていたそうです。あちゃ丸は全く落ち着きがなく、女の子大好き犬で、これまでほとんどまっすぐ歩いているところを見た事がありません。ショ―でも後ろ足で立って、ピョンピョン跳ねて歩くことはざらです。ラインを無視してあさっての方向に進むこともありました。他の犬や床の臭いが気になり、クンクン、きょろきょろなんてしょっちゅうです。ベビ―のデビュ―戦では、芝生の土を思い切り掘り返していました。そんなでしたから、「元気一杯飛んで歩いていた」というメ―ルに、内心(「やっぱり・・・・」)の思いです。でもあちゃ丸はとても可愛い面が一杯あり、特に「お散歩行こうか?」「ご飯にしようか?」と聞くと、必死な目で見つめて「ワン」と一生懸命お返事します。ケージを出せば、真っ先に入り込み、どこにいくのかな〜と、ルンルン首を左右に傾けます。その仕草さがなんともいえず可愛いのです。

12月1日
いよいよあちゃ丸の本格ジュニアデビュ―です。でもクリエイトさんでは、先に預かった子が優先になりますので、あちゃ丸は同じクラスの自家繁殖ジュニアの、先に預けられているワンちゃんがCHを完成するまでは、アシスタントのハンドラ―さんが引くことになるそうです。本日の結果はム―が2席で、あちゃ丸は4席だったそうです。

12月14日
この日は東京城南の大井競馬場でのショ―が開かれました。この日初めて中川社長さんご夫妻にお会いすることが出来ました。この日はム―がWBに選ばれました。 

ショー会場の大井競馬場にて

 
でもあちゃ丸は5頭中5席でした。明日は東京インタ―ですが、落ち着きがなく、やんちゃ坊主で面かぶりのあちゃ丸が、入賞できるのだろうか・・・。でも中川社長さんは「あちゃ丸君は小夜子が引くと、すごく綺麗に歩きますから、明日は小夜子が引いてご披露しますよ。」と、励まして下さいました。 

5席でもとっても明るいあちゃ丸

 
12月15日 2002年 東京インターナショナルドッグショー当日
いよいよ東京インタ―の日です。午前10時過ぎ頃、自家繁殖ジュニア雄クラスの審査が始まりました。目録によると今日の自家繁殖ジュニアは6頭です。触診が終わり、アップダウン、ラウンドの後一列に勢揃いです。ジャッジの方があちゃ丸の前を行ったり来たりしています。今日のジャッジの先生はロングドレスをまとったとても綺麗な女の方です。ジャッジの先生があちゃ丸の前で止まりました。あちゃ丸が先頭に出され、何と自家繁殖ジュニア1席に選ばれたのです。 

これまで見たこともなかったちゃんとしたステイ姿です。

 
何時の間にか、男の子の各クラス1席のワン子の中からウイナ―ズドッグを選ぶウィナ―ズ選が始まっていました。あちゃ丸はアシスタントハンドラ―haradaさんに引かれていました。2歳、3歳以上の立派なコ―トの子もいて、あちゃ丸は後ろから2番目に並んでいます。始めのラウンドが終わり、また勢揃いです。ジャッジの先生は1頭1頭念入りに見て歩きます。ジャッジの先生があちゃ丸の前を行ったり来たりしています。あちゃ丸が先頭に出されました。ラウンドが再び始まり、あちゃ丸は先頭のままです。ジャッジの方がharadaさんにリボンを渡しました。あちゃ丸がウィナ―ズドッグに選ばれたのです。親友もドッグショ―のシステムは分らずとも、すごいすごいを連発してくれました。「ねえねえ、今のちゃんとビデオに撮った?」「あっ・・・。」 

記念すべきあちゃ丸の一枚目のカードはMCCです。


パパは今回のショーでようやく少しだけシステムを理解しました。(ショーのシステムを知りたい方はクリエイトランドのアシスタントハンドラーharadaさんのHP「まえかけパピヨン」をご覧下さい。)

興奮覚めやらぬ中、ム―の出場する自家繁殖ジュニアの女の子の審査が始まりました。ム―のクラスは4頭の出陳です。ム―が先頭で出てきました。ム―は家にいるときは、とても大人しくて、人見知りをするワン子でした。でも今のム―は違います。始めのラウンドが終わり、一列に並んで勢揃いです。ム―は首とテ―ルが長く、あちゃ丸よりやや大きめですが、上手にスティをするとかっこよく決まります。ジャッジの先生が再び行ったり来たり、ム―の後ろの子達が並べ替えられました。ム―は先頭のままです。再びラウンドが始まりました。ム―はママの席の前に来るとママの顔をじっと見ました。その後少しピョンピョン跳ねて走ったので、ママとパパが応援していることに気がついたみたいでした。ラウンドが終わりまた一列に並びます。何とあちゃ丸についでム―が自家繁殖ジュニア1席に選ばれたのです。「やった〜。ム―ちゃんすごい、すごいね〜。」親友も大喜びしてくれました。

ムーの審査の様子

 
その後のウイナーズ戦では、2003年のホープフェリスちゃんがWBに輝きました。フェリスちゃんはイギリスから輸入されたイニクシアの素晴らしい女の子のワンちゃんで、オーバ―スペシャルをしたこともあります。フェリスちゃんのお家には、あちゃ丸やムーと同じパパを持つ子がいます。フェリスちゃんのHPはこちらです。

ムーは自家繁殖ジュニア1席をもらいエクセレントでMCC獲得です。ムーは昨日今日とカードをゲットしたので、後CC1枚でCH完成です。

ムーの表彰台


2002年12月22日
今日が西日本の今年最後のショ―になります。今日は久しぶりに家でゆっくり休んでいました。3パピと遊びながら、今ごろあちゃ丸とム―は大阪で頑張っているのかな―などと考えながら・・・。午後になってクリエイトランドの中川社長さんからお電話いただきました。この日ム―がWBを獲得したという吉報でした。この日の大阪東ビュ―ティフルドッグクラブCH展では、パピヨンの出陳が61頭あり、ム―はジュニアで1席、ウィナ―ズ選でも勝ち上がり1席、WBでMCCを獲得し、ニュ―チャンピオンです。

チャンピオン完成です。


この日は何故かパピヨンが多く、女の子はジュニア、ヤングアダルト、アダルト合わせて30頭いたそうです。ム―ちゃん快挙です・・そしてお疲れ様。ム―は今年中に家に帰って来ることになりました。中川社長さんご夫妻本当に有難うございました。

これにてム―の修行は終わり、あちゃ丸の一人修行が始まったのでした・・・・。 
修行日記パート2 あちゃ丸君が行く、 NEXTボタンをどうぞ!